最近の悪徳業者の手口

デリヘル店で、女性と本番行為をしようと考えることには絶対にしてはいけません。
お店側にバレてしまい制裁されてしまうのは当たり前のことですが、他にも様々なリスクを抱えてしまうことになるのです。
悪質点で働いている女性は本番の誘いに対して明確に断ることはしません。
OKともNGとも受け取ることの出来るような曖昧な返答をしてきますが、これは悪質店における詐欺手段なのです。
本番行為を利用した悪徳請求を行なっている悪質デリヘル店が最近では増えてきています。
そんなデリヘルにおきましては、お客様が女性に対して本番行為を強要させるのを予め想定して派遣をしています。

 

「お金を支払ってまでデリヘル遊びをしたくない」なんて思っている人もいるかもしれません。
しかしデリヘルというのは、奥様や恋人などとのプレイとはまた違った興奮を味わうことが出来るのです。



最近の悪徳業者の手口ブログ:2017-9-23

減量するときには
「味噌ラーメンはダメ!」
「揚げ物はダメ!」
「ケーキやアイスもダメ!」
…など、
「食べてはいけない」ということに目が行きがちですよね。

みなさまは、どうですか?

そのこと自体は間違っていないのでしょうが、
これをそのまま受け取ってしまうと…
「食べてはいけない」
  ↓
「好きなものが食べられない」
  ↓
「ガマンしなくちゃいけない」
  ↓
「つらい」
という、世間一般でも連想されがちな、
減量=「つらい・苦しい」
と言うイメージになってしまいます。

短期的に、
「1ヶ月だけ死ぬ気で頑張って減量するんだ!」
というなら耐えられるのかもしれません。
(私にはできませんけれども…)

でも、その後はどうするんですか?
人間はずーっと何十年も生きていかなければなりません。
苦しさに耐え、1ヶ月だけ爆発的に頑張って痩せても、
その生活をやめてしまえば、
元の木阿弥です。

いやそれ以上に、過激な食事制限をすると
筋肉が落ちて、代謝も減ってしまい
残るのは、太りやすいからだだけです。

そして元の生活に戻すと、
前より体重が増えて、脂肪も増え
減量前よりもブクブクのからだになってしまいます。

だからこそ、減量というのは
長く続けられる方法でなければならないんです!

それなのに
減量=「つらい・苦しい」
と思っていたら、
それをずっと続ける自分の人生は
ずーっと「つらく・苦しい」
ものになってしまいます。

これでは、
減量を長く続けるモチベーションが続きませんよ!

―地球滅亡まであと427日―